Loading...

おんでニャさいと

手厚くサポート。長い目で育てます。現場監督になってください!(現場インタビュー)

大村 文人
大春工業株式会社 / 専務取締役

Share this entry

▶︎

プロフィール

大春工業株式会社 専務取締役。
三戸町出身。三戸小学校、三戸中学校を卒業後八戸西高校に進学。大学では郡山へ。東京で現場監督の修行を6年間した後、三戸町にUターンし家業の大春工業株式会社に入社。現在は専務として会社の経営、マネジメントにあたる。やっぱり現場は「仕事してる!」という気になるから大好きという42歳。一級建築士。

大春工業 工事現場

人、足りないんですよ。ぜひ入社してください。

今はこちらの現場の他に何ヶ所ぐらい現場があるのですか?

大村:あと別に1現場あります。他の会社の下請けでやっている現場が4ヶ所。

みなさんフル稼働という感じですね?

大村:そうですね。人足りないんですよ。ぜひ来てください。お願いします。

入社したらすぐに現場に入ってもらうのですか?

大村:はい、そうですね。1日も早く慣れてもらいたいですね。

現場に出るために必要な道具とかは?

大村:最初、うちのほうで支給します。金づちとか、番線カッターとか、ラチェット..ボルト締めたりするやつです。スケール..メジャーですね。腰袋。

身一つで来てもできる感じなんですね?

大村:そうですね。はい。貸すってかたちです。入るときは、まったく、全然お金かかりません。
ぜひ、入ってください。入社してください。我が社では手厚くサポートします。ケアします。

今、この現場で働いている方のキャリアはどれぐらいなのですか?

大村:こっち(ショベルカーを操作している方)は40年。今、73歳。こっち(現場監督)は高校卒業してから30年ぐらいですね。
ショベルカー

現場監督

長く続けられる仕事なんですね。

大村:ええ、技術を身に付ければどこでも通用すると思います。

資格取得は会社の補助があります!

重機の免許取れたりとか身になることがありますもんね?

大村:そうですね。

どんな免許をとれるんですか?

大村:まずは、バックフォー(ショベルカー)乗れる車両系っていう資格。クレーンの作業ですね。それにともなってワイヤーをはる玉掛けワイヤ。まずそれを入社して3年ぐらいでとってもらえれば、ほぼ、おおかた大丈夫ですけど、その他建設機械を道路で走る大型特殊。大型免許をとってもらいます。

資格をとるのに会社の補助はあるのですか?

大村:ええ、補助します。

笑顔の専務

土木も建築もやりがいのある仕事です

たまに現場に出ると新鮮な感じですか?

大村:そうですね。はい。

専務になるとデスクワークが多くて、現場が恋しくなりませんか?

大村:なりますね。仕事してるって感じがします。
今やっているのは土木工事なんですけど、何もない状態から道路を創ったり、橋を創ったり。今、用水路の架け替えですけど、ゼロのとこからやったりするんで、やりがいのある仕事だと思います。

自分がつくった道だよって言えますもんね。

大村:そうですね。自慢できると思います。

女性の方はいらっしゃいますか?

大村:現場にはいないですね。前はおばちゃんとかが現場を手伝ってくれたりしたんですけど、最近は他の会社でもなかなか見かけないですね。

募集にはこないですか?

大村:来ないですね。

実は好きな女性もいるかもしれないですね。

大村:いますね。ドボジョとかってよく新聞に出ていますね。うちも機会があれば採用したいと思いますね。

 

▼求人詳細ページはこちら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

おんでにゃサイト

現在この記事にコメントはありません。

×
新規コメント