Loading...

おんでニャさいと
移住体験用物件 お試し暮らし住宅

三戸町お試し暮らし住宅

1週間〜1ヶ月間、無料でお使いいただけます。移住体験の拠点としてご利用下さい。果樹の畑に囲まれた住宅地にあり静かな環境です。役場・中心商店街にも近い好立地で三戸町でのお試し暮らしにとても便利です。

【重要】まずは、三戸町に移住の相談をしましょう。
三戸町お試し暮らし住宅は、三戸町への移住を希望する方、または検討している方にお使いいただくための住宅です。まずは、メールまたは電話で三戸町役場まちづくり推進課までご相談下さい。

【重要】お試し暮らし住宅を利用するためには申込が必要です。
本ページ下部のお申し込み方法をご確認のうえ、お申し込み下さい。

【重要】三戸町のお試し暮らし住宅は無料でご利用いただけます。
生活に必要な家具・家電・食器・調理器具を備えております。
Wi-Fi無料、光熱費無料、駐車場完備です。

【重要】布団・寝具は備えておりません。
ご持参いただくか、布団レンタルをご利用ください。
その他、生活に使用する消耗品、携帯電話、PC等の充電器、周辺機器等はご持参下さい。

お試し暮らし物件をご利用できる方

お試し暮らし住宅をご利用いただけるのは、こんな方です

  1. 三戸町への移住を検討していること

    ※ただし、次に該当する方は「お試し暮らし住宅」をご利用いただけません。

    • 転勤によって三戸町に移住する方
    • 婚姻によって三戸町に移住する方
    • 利用予定者が全員未成年者である場合
    • 利用予定者が全員就業未経験である場合
  2. 原則として利用予定者全員が家族であること

    友人、知人同士で、あるいはシェアハウスのようにご利用いただくことはできません。 また、利用の登録をした方以外の利用、入室はできません。

  3. 1週間以上、1ヶ月未満の期間ご滞在いただくこと

    お試し暮らし住宅をお使いいただける期間は7日以上30日以下です。 期間の短縮・延長はできませんので、お試し暮らしを計画する際にはお気をつけください。

  4. 三戸町に「移住相談」をしていただくこと

    お試し暮らし住宅をご利用いただくためには、必ず「移住の相談」をしていただく必要があります。

お問い合わせはこちらまで

相談窓口
三戸町役場まちづくり推進課
電話
0179-20-1117(課直通)
メール
お問い合わせフォームにご記入ください。
※メールを受信した日の翌日から起算して1営業日以内にご回答いたします。
電話受付
平日8:30-16:30

まずは、お問い合わせください。
お電話、メールをお待ちしております。ゆっくりお話ししましょう。

お問い合わせフォームへ 申し込み方法

物件の特徴

  • バストイレ別
  • ガスコンロ対応
  • フローリング
  • 室内洗濯機置
  • システムキッチン
  • 照明付
  • 駐車場
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 全室照明付
  • エアコン
  • 追焚き機能付
  • 物置
  • 照明器具
  • 温水洗浄便座
  • 和室
  • システムキッチン
  • 通風良好
  • 日当良好
  • 光ファイバー
  • 家電付
  • 家具付
  • シャワー付洗面台
  • プロパンガス

地図

物件の概要

物件名 三戸町お試し暮らし住宅 住所 青森県三戸郡三戸町大字梅内字松原16番地10
間取り詳細 3LDK(洋20帖・和10帖・2階18帖) 構造 木造2階建て3LDK
築年数 平成6年 改修年月 平成28年
駐車場 有3台
設備 全室照明付き、暖房完備、扇風機、冷蔵庫(118ℓ)、液晶カラーTV(32インチ)、オーブンレンジ(15ℓ)、IH炊飯ジャー(5.5合炊き)、電気ポット(2.2ℓ)、全自動洗濯機(7kg)、懐中電灯、消火器、ダストBOX、センターテーブル、絨毯、ソファ、防災用品、ごはん茶碗(5)、汁椀 (5)、大皿(2)、小皿(5)、急須(1)、タンブラー(4)、箸(5)、水切りセット(1)、ボウル(1)、ザル(1)、三角コーナー(1)、洗剤(1)、たわし入れ(1)、包丁(1)、両手鍋(1)、片手鍋(1)、フライパン(28cm)、ガラス蓋(1)、やかん(1)、木べら(1)、フライ返し(1)、お玉(1)、まな板立て(1)、まな板(1)、マグ立て(1)、ふきん(1)、しゃもじ(1)
交通 鉄道をご利用の場合、青い森鉄道三戸駅からタクシー15分、二戸駅からタクシー30分。自家用車をご利用の場合、八戸自動車道一戸ICまたは浄法寺ICから40分。八戸から40分。
周辺情報 小中一貫三戸学園三戸小中学校に隣接しているほか、周囲は果樹園、畑が広がる静かな地域にあります。中心商店街までは徒歩15分、車5分。
注意事項 鍵は1つお渡しします。スペアキーが必要な場合は三戸町役場まちづくり推進課までご相談ください。鍵を紛失した場合は遅滞なくご報告ください。鍵を紛失した場合、利用者様の独断で鍵を複製した場合は鍵を交換し、実費を申し受けます。
備考 ふとん、寝具のご用意はございません。利用者様ご自身でご持参いただくか、布団レンタルをご利用ください。

お試し暮らし物件の利用申し込み方法

step 01

お問合せ電話・メールで移住についての相談をしましょう!

移住後の確認やお仕事のこと、住宅のこと。これからをどんなふうに思い描いていらっしゃるかを、じっくり時間をか けてお伺いします。
お話の過程で何度かに分けたやり取りも想定されます。お電話でお問い合わせの場合、メールアドレスをお教えいただくことで、よりスムーズな対応が可能になります。
メールでお問い合わせいただいた場合、メールを受信した翌日から起算して1営業日以内にお返事をいたします。
お急ぎの場合は電話でのお問い合わせをおすすめ致します。

例)平日に受信した場合、翌日までにお返事
例)土日に受信した場合、月曜日にお返事(月が祝祭日の場合は火曜日にお返事)

step 02

電話・メールでお試し暮らし住宅の空き状況を確認。

三戸町にお越しになる希望の日をおうかがいします。
お試し暮らし住宅が空いている期間の、申し込みの受け付けます。ご希望の期間に住宅の空きがない場合を考え、 候補日を複数お考えください。

step 03

お試し暮らし使用申請書の準備

“おんでにゃさいと”から「三戸町お試し暮らし住宅使用申請書」様式1号をダウンロードし印刷のうえ、 ご記入ください。

PDF版をご利用の場合

PDF版をダウンロード

ダウンロード > 印刷 > 必要事項を記入 > 押印 > 来町時に持参

Word版をご利用の場合

準備中

ダウンロード > パソコンで必要事項を入力 > 印刷 > 押印 > 来町時に持参

※三戸町にご到着時お試し暮らし住宅の使用開始手続きに、ご用意いただいた申請書(押印済)が必要となります。

step 04

申し込み内容確認のご連絡

お申込みいただいた内容に間違いがないか、お申込者様へ確認のメールをお送りします。
確認メールが届いたら、申し込み完了となりますので、来町当日まで大切に保存してください。

step 05

三戸町に来町(使用開始のお手続きについて)

お手続きに必要なもの

  • 三戸町お試し暮らし住宅使用申請書(記入、押印済みのもの)
  • お申し込みいただいた代表者様の身分証明書

本人確認のための身分証明書

1.次のものからひとつ提示して下さい

日本国旅券(ただし失効後6ヶ月以内のものを含む)、運転免許証、船員手帳、海技免状、小型船舶操縦免許証、猟銃・空気銃所持許可証、戦傷病者手帳、宅地建物取引主任者証、電気工事士免状、無線従事者免許証、写真貼付の官公庁職員身分証明書、写真貼付の住民基本台帳カード

2.(1)を提示できない場合は(A+A)(A+B)の組合せで2つ提示して下さい。Bの中から2つ選ぶことはできません。
A
健康保険証、国民健康保険証、船員保険証、共済組合員証、介護保険被保険者証、国民年金手帳(証書)、船員保険年金手帳(証書)、共済組合年金証書または恩給証書、印鑑登録証明書と登録印鑑の2点
B
写真貼付の生徒手帳または学生証、写真貼付の会社の身分証明書(生年月日記載のもの)、写真貼付の公の機関が発行した資格証明書、身体障害者手帳、失効後6ヶ月以上経過した日本国旅券、老人医療受給者証、源泉徴収票(最近のもの)、納税証明書(または非課税証明書)

三戸町まちづくり推進課へ15時(午後3時)までにお越しください

お手続きでは次のことを行います。

  • お申し込み代表者様のご本人確認
  • お持ちいただいた書類の確認

確認が済みましたら、三戸町より「お試し暮らし使用許可証」を発行いたします。
お試し暮らし使用許可証は、お試し暮らし住宅の使用が終わる日まで保管ししてください。

※ご到着が15時を過ぎる場合は、あらかじめ電話で連絡をしてください。
なお当日の17時までに連絡がつかない場合は、予約を取り消しさせていただくこともございます。あらかじめご了承ください。

ご連絡先:三戸町役場まちづくり推進課
電話:0179-20-1117
(まちづくり推進課直通)
17時過ぎの連絡先
電話:0179-20-1111
(三戸町役場代表電話)

お試し暮らし住宅へご案内

住宅の使い方や注意点などをご説明し、鍵の受渡しを行います。

ご注意

  • お渡しする鍵は、一つです。
  • お受け取りの際には、鍵の管理簿にご記入いただきます。
  • 鍵を紛失した場合は、遅滞なくまちづくり推進課にお知らせください。この場合、鍵の取り替えにかかる実費を申し受けます。
  • スペアキーを作ることはできません。スペアキーを作ったことがわかった場合、鍵の取り替えにかかる実費を申し受けます。
  • 住宅の設備、備品の使用方法について一通りご説明いたします。

現在この記事にコメントはありません。

×
新規コメント